暗く狭い台所から対面キッチンへ、2x4住宅でも変更できます!|リフォームの施工事例|キッチン


壁で塞がれて独立していたキッチンを、開放的な対面型(ペニンシュラのI型キッチン)に間取り変更しました。ツーバイフォー(2X4)構造のため、図面をよく確認して設計に注意しました。解体できない壁をサイドには残しつつ、対面側の壁はすべて解体しました。コンロ前はクリアパネルで開放感を失わず、油はねなどを防ぐ仕様にしています。落ち着いた木目調のパネルをセレクトして、インテリアの一部として見れるような仕上がりを目指しています。

お客さまのご要望

・毎日、使うトイレお風呂場、とくにキッチンやリビング(人が集まる場所)にお金を掛けたい気持ちがあります。出来ればキッチンは、対面型に変えたいが可能か。

神奈川アメニックスのご提案

まず老朽化していた設備そのものを新しくすること、収納をさらに増やすことが前提でした。

そして、キッチンを囲む壁を壊して、対面型にされたいとのご希望があり、図面を確認しながら設計しました。配管他、電気配線やコンセントなども変更しています。

また対面になったことでダイニング・リビングと同空間になるため、フローリングにあわせた木目調のパネルを採用して、インテリアの統一感にもこだわっています。 担当:いわさき(スタッフ紹介はこちら)

Before

新築時からそのままのキッチン。パネルやステンレス・カウンターが老朽化、収納も少なかった。

After

引き出し式になって、収納量が大幅に増えたシステムキッチン。対面型になって開放感が出ました。IHコンロと食洗機もついて、毎日のお手入れも楽々。パネルもインテリアに合わせて、木目調になりました。




PICKUP!

キッチンとダイニングを隔てていた壁を解体したので、リビングの奥まで見えるようになり、窓からの陽の光もたくさん入るようになりました。キッチン横の耐震壁にはエコカラットを貼って、インテリアとして演出しています。広々と開放的になり、テレビや家族との会話なども楽しめるようになりました。

PICKUP!

とても幅広で大容量のキッチン収納もプランして、セミオーダーメイドしました。炊飯器やポッド、電子レンジなどの配置も決めて収納できる設計になっています。食器棚にクリアガラスの扉のトールキャビネットもお作りしています。

DATA

  • 建物のタイプ:戸建て

  • 価格: 161万円(単独工事をする場合の概算です)

  • 工期(全体): 1ヶ月

  • 面積:274.00m²

  • 機器・設備:システムキッチン LIXIL アレスタ/キッチン収納 LIXIL リシェルSI

  • 施工地: 神奈川県 相模原市南区

  • 担当:いわさき(スタッフ紹介はこちら)

#リフォーム #水回り #洗面化粧台 #浴室バス #キッチン #トイレ #タイル #戸建て

記事一覧