約40センチの段差解消!暖かい浴室にリフォームしました|お風呂・バス



築25年以上となり、冬場は特に寒く、洗面所から浴室入り口が約40センチほどの段差が合った為、暖かく段差のないユニットバスにしたい、とのご希望でした。


ご主人様が車椅子のため、車椅子でも不便なくご入浴いただけるよう、ユニットバスの床がタイルのタカラスタンダードの商品をご提案。ご要望などをお伺いし、タカラスタンダードの鋳物ホーロー浴槽を設置しました。


鋳物ホーロー浴槽は、ベースが金属であるため、浴槽自体が熱を蓄える性質があります。そのため、お湯の熱と浴槽の熱のダブルの温浴効果を得ることができ、以前と比べて入浴後も長く体が暖かい状態が続きます。

また、ドアは標準の折れ戸ではなく、車椅子でもスムーズに出入りできるよう引き戸に変更。


工事完了後にご入浴されたお客様から、「ユニットバス内がとても暖かくなりました!」とご報告いただけました。またちょっと贅沢をして、ジェットバスも付けたことで、毎日快適にご入浴頂いているそうです。

 

Before                  


After 



















 

DATA

  • 建物タイプ:戸建て

  • 価格:255万円(洗面改装工事含む)

  • 築年数: 25年以上

  • 工期(全体):7日間

  • 機器・設備:タカラスタンダード/プレデンシア

  • 施工地: 神奈川県 厚木市

  • 担当:やまおか(スタッフ紹介はこちら)